2005年09月13日

たまには悪口を・・・

先日、マセラッティに乗っていると言う方からPlurielに乗り換えようかと言うコメントを頂き、この車を次の車として検討してらっしゃる方の為にたまにはこの車の良く無い点を色々列挙してみようと思った。
1) 1.6リッター、110馬力のエンジンは数字だけ見れば充分なスペックだけど、多分競合するミニ・クーパー・カブリオレ辺りと比べると見劣りするし、早く走る為には多少工夫が必要。
2) フニャンフニャンと柔らかい足回りは、スポーティなセッティングの車に慣れている人にとっては多分頼りなく、またシートが(多少調節は出来るが)高いのでロールが余計に感じ、高速の分岐等で結構減速を強いられる。
3) オーソドックスなマニュアルに比べると自由度が低く、かと言って最近の頭の良いATに比べるととんでもなく無く見劣りするセンソドライブ。
4) 夕方明るいうちからこうこうと点灯するオートヘッドライト
5) 頭の悪いオートワイパー
6) コンパクトカーのクセに3ナンバーで、その割には後部座席が狭く更にラゲッジスペースに至っては有るだけで、殆ど何も積めない
7) そして、最大の売りである5タイプに変化するボディーのうちスパイダーピックアップは日本の道交法上この形で走る事が出来ない。更に、日本の気候では上を開けて走れる期間はとても限られている。

headlight.jpg

とはいえ、1)〜3)についてはそんなにシャカリキになって走る車ではないと割り切ってしまえば、気にならない範囲だし、センソドライブもこのマニュアルモードで思い通りに走らせるのは難易度が高いだけに、上手く行けば達成感もあるw。足回りも、高速でぶっ飛ばしているときは必要充分にシャキッとしてくれる。
4)と5)は気に入らなければ手動に切り替えれば良いし、6)はどうにもならないけど7)についてはやっぱり開けて走った時の開放感は何にも変えられないw。(結局そこか)

結局、先日のコメントの返事にも書いたが、購入を検討している方は是非ディーラーに行って一度試乗してみて欲しい。良さも悪さも、身を以て感じてみる事をお勧めしますw。
posted by masaki21 at 23:28| Comment(12) | TrackBack(1) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。