2006年01月21日

大雪!

まぁ、年に一回くらいはこういう事が有るのでわざわざ紹介する程の話ではないかもしれないが、今年もセンター試験の日は大雪だった。夜になっても光が雪に反射して明るいです。

DSCF0004.jpg

プルリエルの上にも積もってます。大丈夫か?キャンバストップ!

DSCF0005.jpg

折角この間洗車したのに・・・・。
posted by masaki21 at 22:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

カメラバッグ

キスデジを使い始めて半年になるが、持ち運びにはいまだ前々から使っている大きめのトートバッグを使っており、しかも無造作に放り込んであるだけであまりよろしく無い。ずっと、気の利いたカメラバッグを探してはいるのだがどれも機能的ではありそうだが、いかにも『カメラバッグでっせ!』と云う感じで(当たり前だ!)あまりお洒落とは言い難い感じ。ARTISAN & ARTISTなんぞは、元々レディースのバッグなのでスタイリッシュな感じではあるが、お値段もナカナカなもので・・・w。とはいえ、いつまでもトートにそのまま放り込んでおくのもよろしく無いので、まずは安いインナーを買ってみた。

カメラバッグ03.jpg

トートは巨大なのでこのインナー自体は中でグスグスに動き回るのだが、中に入れるモノもそんなにいっぱい有る訳ではないので・・・・w。
で、とりあえずインナーのサイズを計って出掛ける時はメジャー持参でw、街でちょっと気の効いたバッグを見かけるとメジャーを取り出しサイズを計り出す怪しい男を演じていた。でもあちこち見てもサイズが合わない、デザインがぱっとしない、値段が高すぎる・・・ナカナカ思わしいモノに巡り会えずに居た。
でもね、とうとう見つけましたよ。サイズもピッタリ、お値段も手頃w。実はサイズがあまりにもピッタリ過ぎてインナーが本当に入るかどうか不安だったのだが、もうダメだったらそのまま別用途で使うから良いやと思えるくらいデザイン的にも気に入って買ってきましたよ。

カメラバッグ01.jpg

で、持って帰って早速インナーを入れてみる。「入るのかね」(ドキドキドキ)

カメラバッグ02.jpg
なんとか入りましたw。
posted by masaki21 at 20:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真/デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

いや、あのね、ちゃうねん。。w

ブログを始めて8ヶ月くらい経った訳で、まぁご覧の通りの体たらくで更新もかなり気まぐれもええとこで申し訳無い限りなんやけど、ふと思い立ってアクセス解析なんぞをプチッとクリックしてみたら去年ウチは50人/日程度だったアクセス数が3倍近くに膨れ上がっている。何でや!更新もしてないのに・・・。アクセス数が多いと言う事は喜ばしい事なんだけど、更に調べて行くと衝撃の事実が見えて来るw。

勘の良い方はもしかしたら気づかれているかも知れないが、例のキーワード(注:ここでまたそれを書くと、またそこにヒットしてしまうので略w。こちらの記事参照)を検索して辿り着く方がまだまだ大勢いらっしゃる様子なのだw。因に16日の場合、検索ワードのパーセンテージで例のワードの占める率が51.2% 更に、前半だけとか後半だけとかでそれぞれ6.2% 5.0%となっている。いやぁ、そりゃぁ思わせぶりな単語を載せた僕も悪いけど、なんか他の日もみてみると同じ様な数字を示しているし・・・・。

毎日同じ人が間違えてこのブログに辿り着いているとも考えにくいし、そう言う趣味の人が毎日入れ替わり立ち替わりあの検索ワードでここに迷い込んでるんですか?! んで、ここに迷い込んでいる人数の何倍かの人が毎日、あの検索ワードをググってたりするわけですよね。しかも、他の部位の好きな人もそれぞれの部位を前半に入れてググってたりする訳ですよね。それってどうなんですか?w

ってか、本当に期待に添えなくって申し訳ないっすね。と思ったりしたわけですよ。
posted by masaki21 at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

リリパットアーミー

昨日、池袋に"リリパットアーミーII 20周年記念公演「時の男」〜匂うがごとく今盛りなり" と言う舞台を観に行った。その昔、朝日新聞の「明るい悩み相談室」やら、Lマガジンのかねてつデリカフーズの広告やらを通じて、中島らもさんと云う人物には凄く興味があったので、そのらもさんが立ち上げたリリパの舞台は神戸に居る頃からずぅっと「機会があれば一度観に行きたい」と思っていたのだが、どうした事が行けずに居た。

ぼやぼやしてる間にらもさんが亡くなられてしまったりしたのだが、ひょんな事から本屋で久しぶりにらもさんの本を見つけて読み始めたと同時くらいに、ネットを通じて知り合ったある女性が今回の舞台の制作に携わっておられて、彼女に無理を言ってチケットをとってもらう事が出来た。

正直、ストーリー的にも笑い的にももっとマニアックだったらどうしようかとドキドキしながら観ていたのだが、実際最後まで見終わってみると2時間あまりの作品が、全く時間を感じさせないくらい凄く引き込まれる舞台でした。流石に20周年と言うだけのことがあって、役者さん達が観客を惹き付けるのが凄く上手で、また客演の役者さん達とも息がぴったりと合っていて、素直に「観て良かった」と思える舞台でした。また機会があったら見に行きたい!
posted by masaki21 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

いちごがり

みなさん。年が明けたのにまたしても更新が放ったらかしです。遅ればせながらですがあけましておめでとうございます。相変わらずこんな調子ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年明け一発目のネタは毎年恒例となっていますイチゴ狩りです。我が家では毎年1月〜2月頃にイチゴ狩りに行くのが恒例行事となっています。今年も例年通り年が明けるとほぼ同時に、今日辺り行く心づもりを決めていました。金曜の夜に、日曜日にイチゴ狩りに行く旨を嫁に伝え、土曜の夜はクルマにガソリンを入れたり着々と準備を整えます。朝6時起床。7時出発でクルマを走らせます。行く先は静岡県。久能山のふもとに「石垣イチゴ」と呼ばれるイチゴ畑が連なる一帯があります。首都高〜東名を走る事約2時間半。途中足柄でトイレ休憩して清水I.C.で高速を降ります。そこから約15分程度走ったところに目的地があります。ここ3年程連続して行っていた「なぎさ園」の駐車場にクルマを停め、受付の方に歩いて行くと・・・「本日は臨時休園いたします」の張り紙。仕方が無いので少し来た道を戻り、最初に目に入った「苺華園」なるイチゴ園に入りました。

受付を済ませ坂を上って行くと、他の来園者の方達とハウスのある方に案内されます。我々と一緒に子連れの家族2組が案内されていたのですがその2組は同じハウスに案内され、我々夫婦は2人で一つのハウスに案内されました。毎年の事ですが、朝起きてから何も口にせずイチゴ園を目指します。だからハウスに入る時には「全部喰ってやる」位の勢いですw。ここ「苺華園」は、「なぎさ園」に比べて全体的に小粒ですが、糖度の高い甘いイチゴがいっぱいなっています。

いちご.jpg

ハウスの奥から真っ赤に熟したイチゴを選りすぐってどんどん喰い尽くして行きます。出口付近まで喰い進んで、「もう限界〜」とか言ってたら、イチゴ園のおばちゃんが声を掛けてくれました。「出ておいで〜」呼ばれるままに出て行き、イチゴのへたとへた入れを処分しようとしたら、「何やってるの?別のハウスに行くよ。まだまだ食べれるでしょ?」って、一体我々どれほど食べれる風に見えました?w

折角のご好意なので、とりあえず別のハウス(こちらは別の親子連れ2組と一緒)に入り、鈴なりのイチゴを前にするも「もう、むり(ぶちっ。もしゃもしゃ。。)」「限界・・(ぶちっ。もしゃもしゃ。。)」といくらかは食べたものの、イチゴで膨れた腹をさすりながらギブアップして退散しましたw。この時点で10:30AM。

そのまま東京に戻り、嫁が前々から観たがっていた「Mr.&Mrs. スミス』を13:30から観ました。アンジェリーナの魅力爆発な映画ですが、元ネタはもしかして「ルパン三世」ですか?ってのが僕の印象でしたw。
posted by masaki21 at 22:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。