2006年01月08日

いちごがり

みなさん。年が明けたのにまたしても更新が放ったらかしです。遅ればせながらですがあけましておめでとうございます。相変わらずこんな調子ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年明け一発目のネタは毎年恒例となっていますイチゴ狩りです。我が家では毎年1月〜2月頃にイチゴ狩りに行くのが恒例行事となっています。今年も例年通り年が明けるとほぼ同時に、今日辺り行く心づもりを決めていました。金曜の夜に、日曜日にイチゴ狩りに行く旨を嫁に伝え、土曜の夜はクルマにガソリンを入れたり着々と準備を整えます。朝6時起床。7時出発でクルマを走らせます。行く先は静岡県。久能山のふもとに「石垣イチゴ」と呼ばれるイチゴ畑が連なる一帯があります。首都高〜東名を走る事約2時間半。途中足柄でトイレ休憩して清水I.C.で高速を降ります。そこから約15分程度走ったところに目的地があります。ここ3年程連続して行っていた「なぎさ園」の駐車場にクルマを停め、受付の方に歩いて行くと・・・「本日は臨時休園いたします」の張り紙。仕方が無いので少し来た道を戻り、最初に目に入った「苺華園」なるイチゴ園に入りました。

受付を済ませ坂を上って行くと、他の来園者の方達とハウスのある方に案内されます。我々と一緒に子連れの家族2組が案内されていたのですがその2組は同じハウスに案内され、我々夫婦は2人で一つのハウスに案内されました。毎年の事ですが、朝起きてから何も口にせずイチゴ園を目指します。だからハウスに入る時には「全部喰ってやる」位の勢いですw。ここ「苺華園」は、「なぎさ園」に比べて全体的に小粒ですが、糖度の高い甘いイチゴがいっぱいなっています。

いちご.jpg

ハウスの奥から真っ赤に熟したイチゴを選りすぐってどんどん喰い尽くして行きます。出口付近まで喰い進んで、「もう限界〜」とか言ってたら、イチゴ園のおばちゃんが声を掛けてくれました。「出ておいで〜」呼ばれるままに出て行き、イチゴのへたとへた入れを処分しようとしたら、「何やってるの?別のハウスに行くよ。まだまだ食べれるでしょ?」って、一体我々どれほど食べれる風に見えました?w

折角のご好意なので、とりあえず別のハウス(こちらは別の親子連れ2組と一緒)に入り、鈴なりのイチゴを前にするも「もう、むり(ぶちっ。もしゃもしゃ。。)」「限界・・(ぶちっ。もしゃもしゃ。。)」といくらかは食べたものの、イチゴで膨れた腹をさすりながらギブアップして退散しましたw。この時点で10:30AM。

そのまま東京に戻り、嫁が前々から観たがっていた「Mr.&Mrs. スミス』を13:30から観ました。アンジェリーナの魅力爆発な映画ですが、元ネタはもしかして「ルパン三世」ですか?ってのが僕の印象でしたw。
posted by masaki21 at 22:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。