2006年03月24日

退院!

帰って来ました。

夕べ株式さんのメカニックの方から出来上がった旨の連絡を頂いたので早速今日、取りに伺いました。
最初に、金属のパンに入った外した部品を見せてもらいました。(なんだか手術で切除した患部を見せてもらう様な感じですw。) ピストンリングは摩耗しきっていて、何故かピストンの溝の表面より奥まで削れています。普通に考えたら溝の表面より奥まで削れるなんて考えられないと思うんですけど・・・。そんな調子なのでピストンが直接擦れていたシリンダーの中はピストンが当たっていた所が段差になるまで削れています。
クランクのオイルシールは割れてヘロヘロになっています。リップがめくれたり割れたり全く用を足せる状態ではなくなっています。
更に、マフラーは溶接部分が割れて居ます。

一通り説明を受けて二階の店舗でお支払い。すると社長さんとおぼしき人とその息子さんとおぼしき少年が居て、何故かその少年は人の顔を見るなりお菓子を袋ごと「はい」と差し出して来ました。思わず、「へ?くれるの?」と聞くと「うん」とのことw。何だか得した気分ですw。

「その辺一回りして感想聞かせてください。」と言う事なので、あまり周辺の地理に詳しく無いのだが、とりあえず走ってみた・・・・。

・・・・・・感想・・・・・・。

「べ・・別の乗り物ですね。。。」
1速でブァ〜ッと吹け上がらない様にしてありますって話だったのだが、なんのなんのアッちゅぅ間に加速します。
アイドリング時は足下でゆっくりだけど力強く安定してエンジンの音がしています。
強化クラッチのせいでクラッチが固くなる事も無く、なんだかグズグズだったシフトチェンジもカッチリ決まる感じです。
今まで乗ってた乗り物は一体なんだったんでしょう?w。

ただ、あまり気持ちよく加速するのでビビってあまりアクセル開けずに走ってたらまた、家の近くまで来たらカブッてしまってガクンガクンしだし、慌ててまた株式さんのメカニックのKさんに電話をしてみたところ、プラグが前から付けていたものなので、新しいのに換えて見てはとの事。サービスで新しいプラグを一個貰っていたので、それに付け替えて暫く様子見です。

更に、夜またKさんからわざわざ「調子どうですか?」とのお電話。まだ、プラグ換えたばっかりであんまり距離走って無いので暫く様子見である旨伝えました。
キッチリ直して、調整してもらっただけでもかなり嬉しいのに更にこう云うフォローの電話までしてくれると、ますます嬉しくなります。本当に熱心な対応、頭が下がります。

ギア比も変えてくれたので、前のギアを記念に貰って帰りました。「キーホルダーにでも」って事だったので作ってみたw。

DSCF0002-1.JPG
posted by masaki21 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Vespa 欲しいよ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。