2005年05月21日

センソドライブ(続編)

さて、前回の続き。センソドライブのマニュアルモード編。
エンジン始動直後はデフォルトでAUTOモードになる事は前回書いた通り。このときシフトレバーの根元手前側にある「AUTO」スイッチを押すと、マニュアルモード(セミオートマチックモード?)になる。この瞬間からもう、気分はF1ドライバーw。ハンドル裏側のパドルレバーかシフトレバーを操作して、シフトアップ/ダウンを行う。パドルレバーは固定式で、ハンドルの回転についてこないのでこれまたスムーズに操作するには多少の慣れが必要か。。。あと、パドルレバーでは"N"(ニュートラル) "R"(リバース)には入れられない。
さて、実際の運転。アクセルを踏むと自動的にクラッチ操作をコントロールしてくれるので、スムーズにするするっと動き始める。シフトアップの操作に就いては色々試してみたけど、こんな感じがいいみたい。
1) シフトレバー/パドルレバーを「パクッ」と動かす
2) レバーを離す瞬間、”ふわっ”と右足の力を抜く
3) 直ぐにまた右足に力を入れる
マニュアルトランスミッションに慣れてる人だと、1) と 2)の操作を逆にした方がしっくりくるかもしれないけど、あくまで個人的には、上記の方法が一番スムーズに走れるし恐らくロス無く駆動力が伝わる(筈w)
交差点で減速したり、高速道路で追い越し加速をするときにシフトダウンをすると、自動的にエンジンを空ぶかしして回転数を合わせてくれる。車がここまで賢くなると、人間の運転がへたくそになっていってしまうね〜w。
停止する為にブレーキを踏んで、どんどん減速してゆくと勝手にシフトダウンしてくれる。でもこの車、ブレーキアシストが強力で、スムーズに停めるには少々デリケートなブレーキ操作が要求されるんだけど、この自動シフトダウンがちょっといたずらをする。気になるのなら、停止する事が判っていて、減速し始めたときにシフトレバーで『N』にギアを入れた方がスムーズに停め易いかな?。
多分、このセンソドライブを気持ちよく操るポイントって、「タイムラグ」を把握する事だと思う。シフトアップするときもダウンするときも、その操作が安全かどうかに就いて少し考える。(安全でなければキャンセルしてしまう。) その為か、少し操作にタイムラグが生じてしまう。かつてF1でセミオートマが導入され始めた頃、ゲーセンでF1ゲームをやりまくっていた自分的には、あのパドルレバーを引っ張った瞬間にシフトアップする感覚があったので、このセンソドライブのタイムラグにはかなり違和感を感じたが、慣れてしまえばそのタイムラグを織り込んだ操作ができる様になってくる。実際、シフト操作やクラッチ操作そのもの自体はそんなに時間がかかっている訳ではなく(ってか、一般的なドライバーの操作よりかなり早いと思う。) 「実際の動作がワンテンポ遅れるよ」ってのだけ、頭に入っていればかなり自由な運転ができる車だと思う。

早くならし運転終わらんかなぁ〜。。。
posted by masaki21 at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3802641
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。