2005年07月25日

ふわんふわん。。。

暫く乗ってるとネタらしいネタも段々無くなって来て、それもこれもPlurielが故障無く満足に走ってくれているからだなぁなどと不思議な納得をしている今日この頃。。しかもそろそろ夏も本番で日射しが強く、オープンにして走る機会も梅雨入り以降ぐっと減っているのもネタ不足に拍車を掛けている感じです。。。

さて、シトロエンと言えば "ハイドロ"。 まだ学生の頃に見たCMか何かで停車しているシトロエンがじわぁ〜っとケツが落ちて来る画を見て衝撃を受けたり、いつも行っていた楽器屋の店長がシトロエンを買って、ディーラ(当時はマツダがやってたのかな?)の人に駐車場に持って来てもらったら、車止めのいっぱいいっぱいの所までバックで入れてケツが落ちたらマフラーが車止めで潰されてたって話を聞いたりしてたなぁ。。
残念ながら僕はハイドロシトロエンには運転はおろか、横や後ろにも乗った事が無いのでどんな乗り心地なのか知らないのだけど、Plurielのインプレッションやらブログ等でハイドロの乗り心地を知っている人の記事等を読むと、ハイドロ並みとは言わないまでもシトロエンらしい、良い感じのゆるさが有ると言う表現を時々目にする。
前に乗っていたのはBMWのE36クーペ、しかもMスポーツパッケージだったので足回りが硬く、路面の凸凹をややダイレクトに感じさせる様な感覚だったので、このPlurielの「ふわんふわん。。」といなして行く様な感覚は新鮮。しかも安めの国産車にありがちな、シャーシがよれて衝撃を逃がす感じではなくある程度の踏ん張りは効いている感じがする。そのせいか、やや突っ込み気味にコーナを走るとなんか水の上を丸っこい船に乗って滑ってるみたいな(注:かなり誇張しています)感覚になる。

今までとは随分走り方も変わったかも。。。w

>sumitatsuさん
そう。納車直後は硬い感じしましたよね。”ごんっごんっ”って突き上げて来る感じが気がついたら無くなっていて、まさに「いなす」と言う表現がしっくり来る様な乗り味になっています。このまま距離が伸びて行ったらどんな風になるか益々楽しみですw。

>yamasakiさん
ふむ。なるほど、ハイドロだからって必ずしもシトロエンらしいとは限らないと言う事ですか。。。逆に、バネでも充分"らしい"乗り味も出しているモノもあると言う事ですね。さて、Pluriel はどんな感じなんでしょう?w
posted by masaki21 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 以前、ハイドロシトロエンのBXに乗っていました(^^)
 乗り味は、小さな凹凸によるコツコツした振動はハンドルとフロアの下回りを揺さぶるけど、中位の凹凸をストロークたっぷりの柔らかい足でいなしながら走るといった感じでした。
 大きな凹凸にはゆったりクルマが上下するけど揺り戻しは無く、同乗者は気持ちよく眠れってしまう事しばしでした。
 ハンドリングは意外とシャープで正確無比。基本的には直進性重視でアンダー目の味付けだけど、クルマのペースに合わせて曲げてやれば大きくロールしながら踏ん張ってくれます。

 プルリエルの前に数ヶ月だけ乗っていたZXはバネ足ながら、柔らかめのバネにストローク多めでゆったり感には乏しいけれど上記の特性を持ちつつ、小さい凹凸はどこかで消えている、といったこれもぢつに「シトロエン」なクルマでした。

 プルリエルは納車直後、あまりに路面の凹凸を拾って車がヒョコヒョコ上下するので「シトロエンもとうとうユルユルな乗り味を捨ててきたのかなぁ」とちょっぴり悲しかったのですが、1000kmを迎えてアタリが取れたのか、徐々にユルユルな感じが出てきました(エンジンも軽く回るようになってきた)
 直前まで乗っていたZXが、7万キロの中古でちょうど円熟期といったところだから、直接比較してはプルリエルが不利ですよね(笑)
Posted by sumitatsu at 2005年07月26日 12:51
以前、ZXからハイドロのエグザに乗り換えた時、正直、ZXの方が乗り心地良かったのでがっかりした記憶あります。
ハイドロも「あたりが出たら良くなる」と先輩諸氏に言われましたが、10年乗ってもそんな感じはしませんでした。
私は今でもエグザンティアよりZXの方が総合的に見て、シトロエン濃度は高かったと思ってます。
Posted by yamasaki at 2005年07月26日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。