2005年09月13日

たまには悪口を・・・

先日、マセラッティに乗っていると言う方からPlurielに乗り換えようかと言うコメントを頂き、この車を次の車として検討してらっしゃる方の為にたまにはこの車の良く無い点を色々列挙してみようと思った。
1) 1.6リッター、110馬力のエンジンは数字だけ見れば充分なスペックだけど、多分競合するミニ・クーパー・カブリオレ辺りと比べると見劣りするし、早く走る為には多少工夫が必要。
2) フニャンフニャンと柔らかい足回りは、スポーティなセッティングの車に慣れている人にとっては多分頼りなく、またシートが(多少調節は出来るが)高いのでロールが余計に感じ、高速の分岐等で結構減速を強いられる。
3) オーソドックスなマニュアルに比べると自由度が低く、かと言って最近の頭の良いATに比べるととんでもなく無く見劣りするセンソドライブ。
4) 夕方明るいうちからこうこうと点灯するオートヘッドライト
5) 頭の悪いオートワイパー
6) コンパクトカーのクセに3ナンバーで、その割には後部座席が狭く更にラゲッジスペースに至っては有るだけで、殆ど何も積めない
7) そして、最大の売りである5タイプに変化するボディーのうちスパイダーピックアップは日本の道交法上この形で走る事が出来ない。更に、日本の気候では上を開けて走れる期間はとても限られている。

headlight.jpg

とはいえ、1)〜3)についてはそんなにシャカリキになって走る車ではないと割り切ってしまえば、気にならない範囲だし、センソドライブもこのマニュアルモードで思い通りに走らせるのは難易度が高いだけに、上手く行けば達成感もあるw。足回りも、高速でぶっ飛ばしているときは必要充分にシャキッとしてくれる。
4)と5)は気に入らなければ手動に切り替えれば良いし、6)はどうにもならないけど7)についてはやっぱり開けて走った時の開放感は何にも変えられないw。(結局そこか)

結局、先日のコメントの返事にも書いたが、購入を検討している方は是非ディーラーに行って一度試乗してみて欲しい。良さも悪さも、身を以て感じてみる事をお勧めしますw。
posted by masaki21 at 23:28| Comment(12) | TrackBack(1) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

発見された?

今日は代休。
昨日もやや早めに家に着いていたので、夕方の暗くなる直前に慌ただしく洗車した。今日はゆっくりするぞ〜と心に決めていたので昼頃から近所の日帰り温泉施設で入浴&昼飯をとり、夕方は嫁が会社に迎えに来いと言うので、丸の内界隈へ車で出掛けて行った。そこでどうやら見つかっちまった様だ。詳しくはこちらへw。

その後、嫁がとある所で用事を済ますまで車の中で待っていたら雨が降って来た。何となく暇だったので車の中から写真を撮ってみたw。

rainy night
posted by masaki21 at 00:04| Comment(5) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

ニュータイプは旧人類?

先日、いつもの通りクルマを走らせていたとき、信号待ちで停車して信号が変わったので前に居た原チャリに続いて発進したのだが、右側から緊張感の無いオーラが漂って来て、原チャリのギリギリ前を一台の小型車がブレーキも踏まずに「つ〜っ」と通過して行った。信号無視。それも急ぐでもなく、かといってうっかりして交差点に進入して慌ててるって雰囲気でもなく、ただ当たり前の様に「つ〜っ」と。。。

東京の街中を車で無事に走るにはニュータイプでないと無理なんじゃないかと時々思う事が有るw。実際、たまに「ん?何か危険が近づいている」と"感じ"、ブレーキを踏んだら角から人や自転車が飛び出して来たりと言う経験が少なからずある。。。w 一方、歩行者やら自転車やらは何を根拠にか知らないけど「自分は絶対轢かれない」と自信に満ちあふれて安全確認もせずに交差点を飛び出して来る。お願いだからせめて自分の身の危険は感じてくださいw。てか、最近の人達って危険な気配を”感じる”事って無いのかな? おっちゃんみたいに危険を感じるのって古い世代の人だけなのかな? てか、今の力では完全に事故を避けるには不充分だと感じてフォースのダークサイドに堕ちようかとすら思ってるのに。。。w
posted by masaki21 at 23:01| Comment(3) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

大人の魅力

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000029-kyodo-soci

最近、仕事絡みで20代の人と会うとタバコを吸わない人率の高さに驚かされる。中には「今までただの一本も吸った事ありません。」と言う人も結構居たりして、上の記事の話もまぁそうやろうなぁ〜とうなづける。
ただ、主任研究車による原因の推測には少し疑問を感じる部分もある。
ひとつめ、大人の喫煙率が低下傾向にあること。これは事実だろう。かく言う自分もタバコを止めてかれこれ1年になる。つい今、テレビで北野たけしも止めて1年になると言っている。止めたって人の数は本当に増えた。
ふたつめ、公共の場の禁煙化が進んだこと。はぁ?そもそも中高生はタバコを吸っちゃぁダメな筈。その規則を破ってる人達が公共の場で禁煙だからと言って、タバコを吸わなくなるだろうか?すでに煙草を吸っちゃダメと言う禁を破る事に快感を感じているのだから、むしろ「ここ禁煙だよ」ったら率先して吸うでしょ?w
もぉ、みっつめの携帯の通話料でタバコに使う小遣いが圧迫されるなんて話は、もうオッサンの領域ですw。中高生の喫煙なんてチェーンスモーカみたく1日に何箱もって訳じゃないんだから、そもそも最初っから吸う気が無いんだと思う。

じゃぁ、何で吸う気が無いのか?
親とか、周りの大人が吸わないってのも一つにはあるんだろうけど、でもまだ街に行けばそれなりに吸ってる人の姿を見る事は有る。僕が考えるに中高生位の年代の人達にとって「タバコを吸う」と言う行動が魅力的で無くなっているんだと思う。
自分たちが中学生・高校生の頃初めてタバコを吸った頃、なんで吸おうと思ったのかを思い起こしてみた。

自分たちの目にするタバコを吸う大人達は、格好良かったんだ。下からもうもうと上がって来る煙で目も開けられないのにくわえ煙草でギターを弾くジミー・ペイジやら、折れたシケモクをくわえながらマグナムをぶっ放す次元大助とか・・・。(なんかたとえが極端w)

いずれにせよ、タバコを吸う事=大人の仲間入りをする事。未成年である事や、学生である事で色々と制限があった自分たちの目には、大人は自分の責任で自由に行動できるとても魅力的な存在に映ったもんだった。時折しもバブル経済に日本が狂乱している頃のお話・・・。

さて、現代は・・・今の20代の人達が中高生時代を過ごした頃、バブル崩壊後年々悪くなる一方の景気に疲れきった大人達はお世辞にも魅力的には映らなかっただろう。「あんな風な大人になりたく無い」とか「学生のままで居た方が責任も負わなくて良いし楽かも」と彼らが思ったとしても不思議ではなかったんじゃないだろうか? 僕は中高生の喫煙率の低下は、実は「大人が子供達にとって魅力的で無くなった」事の副作用でしか無いんじゃないかと思ったりしてる。

そう言えば、クルマの免許を取る事・クルマを持つ事も「自由で魅力的な大人」の仲間入りを意味していた気がする。最近の若い人がクルマに興味を持たなくなったのも同じ原因なのかも知れない・・・・。
posted by masaki21 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

オイル&エレメント交換

走行距離3ヶ月で5,700 Km。予定より走り過ぎてる感じ。。。。まぁ、そのうち今程走らなくなる予定だからええか・・・。それはさておき、最初のオイル交換は3,000 Kmでやったので今日、時間があったので近くのディーラでオイルとエレメントを交換してもらった。そのディーラの営業さん曰く「メーカーは1年若しくは15,000 Km毎の交換で良いと言ってますが、ウチでは5,000 Km毎を目安に交換をお勧めしてます。」とのこと。何でも経験上それぐらいで交換してる車が一番調子が良いんだそうだ。つまり、ウチのプルリエルはちょっとマメ過ぎた訳ですな。。。。orz
ま、次回は10,000 Km台で交換して、それ以降5,000 Km毎にやれば良いかw。

ディーラで交換してもらっている間、お約束通り展示車をゴソゴソと覗いて回ってみる。。。前に来た時室内に展示してあったシルバーのプルリエルが外に出されて、代わりにC3 Essenceが展示してあった。廉価版とは言え税込みで1,790,000円は安いね〜。昔々(20数年前?)ウチの姉貴が初めて買ったシビック(1.5リッターの3ドアHB)が確かこれくらいの値段だった様な気がする。。。当時はオーディオも社外品を後付けだったから、C3 Essenceのが曲がりなりにもオーディオ標準装備なんだからお得だなw。って、80年代の国産車と比較してもしょうがないか。。。w
C3ってあんまり良く見た事無かったけど、プルリエルより少し後ろの座席の足下広い? ラゲッジスペースは明らかに広いね。天井しまうスペース分必要ない訳だから当たり前やねw。リアゲート開けてみたら、テールランプの裏蓋(?)が赤くて少し驚いたw。
posted by masaki21 at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

三連休

金・土・日と久々の三連休だった。
金曜日は、以前よりネット上で知り合った方の企画したライブイベントに誘われており、運良く休みになったので西荻のライブハウスに行ってきた。

このイベント4バンドが出演していて、それぞれ違った色を持っていてナカナカ楽しませてもらいましたw。特に2番目3番目の2バンドには元気と勢いがあり、初めて聴く曲なのに自然と体が動き始めていた。
自分みたいなオッサンには酷く場違いなんじゃないかと思ったりして、最初誘われた時は行くのを躊躇したりしていたのだが、結構同年代かと思える様なお客さんも結構いたし、何よりバンド自体も結構良いお歳なのかな〜?wって感じの方がかなりの勢いで頑張ってたりしていたので、ちょっと安心すると同時にとても羨ましく感じた。

「自分もなんとか時間作って、いつかステージの上に戻ってやる」と思って店を出たら土砂降りの雨でちょっと参ったw。

土曜日は何となくボケボケしている内に終わってしまい、今日は「エピソード3」を見て来た。実はあまり期待していなかったのだが、意外と言うかなんと言うか結構面白かった。多分、ストーリーそのものは今までのエピソードを見て来た人達にとっては全てが「思った通り」である上にストーリの行き着く先は最初っから決まって(エピソード4に繋げる)いるのだが、それでも飽きさせ無い、個人的にはシリーズ中一番の脚本では無いかとすら思える話だった。珍しく少し血なまぐさいシーンも有ったけど満足でしたw。
posted by masaki21 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

ネタが無いので貼り逃げ

ネタが無さ過ぎな上に、ここんところ仕事がキツくて更新サボりまくってます。
なので、写真一枚貼り逃げです。

初めてこの車をディーラーで見た時、この辺り(抽象的すぎるなw)にヨーロッパの雰囲気を感じたことがこの車を買換えの選択肢の一つとして真面目に検討するきっかけになりました。

この写真を撮っているとき、嫁のお母さんが「車ぶつけられたのかしら?」と真面目に心配していたそうですw。

E.jpg
posted by masaki21 at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

寂しい限りですね・・・・。

未だ自分と同じ車をディーラ以外で見かけた事がありません。お陰で街中でも目立って、仕事で付き合いの有る人なんかにも「珍しい車ですね〜。見た事無いですよ〜。」なんて言われる事がしばしばw。「この車を選んで良かったな〜」なんて密かに満足したりしています。時々、全く知らない人に「めっずらしい車だね〜」とか「なんて言う車ですか?」なんて声をかけられたりしますが、街中でこの車に注目する人も含めて何故かみんなある程度の年齢以上の男性のみ!(※外国の方は除く) 車の色の加減かな〜なんて思ったりもしますが、ど〜もそれだけでは無い気がする。

去年、年末に一人の新入社員が入って来た。(※彼は既に退職しましたがw) 10歳程年下の彼は運転免許試験場に程近い場所に住んでいながら何故か運転免許の類いは持っていないと言う。雑談の範囲で「取ろうと思わなかったの?」とか「デートの時とか不便じゃなかった?」とか色々聞いてみたが、「いやぁ〜特に必要を感じなかったから・・・」とか「彼女が持ってたから特に問題なかったし」とか。車そのもに対する興味を云々する以前のお話w。我々が大学生頃の彼女が出来る条件ってのは「要普免」つまり、車の運転なんて出来て当然。それプラスα「◯◯君がソアラ買ったんだって」とか「◯◯君は運転上手いよ」なんて付加価値が勝敗を左右したものだった。だからバイトに精を出したり、血眼で中古車情報誌見たり、用もないのにひたすら街中を走り回って運転技術を磨いたり、地道な努力をしたものだった。デートの前の日ともなれば、いかに前の日遅くまでバイトだろうがコイン洗車場の照明の下で一生懸命ワックスがけをしたりしたw。だから、「モテへんかったりはせぇへんの?」なんて思わず聞いてしまったが、キレ気味に「彼女居ましたし!」と怒られてしまったw。

Plurielに興味をしめした、仕事で付き合いのあるとある車好きのお兄さんとそんな話をしながら、どうやら最近の若い人は車に興味が無いみたいだと言うと、アリストに乗っていると言う彼は「寂しい限りですね」と言い、自嘲気味に「私は"かっとび親父"ですから・・」なんて言うw。彼の話によるとパーツショップにも最近は若い人の姿がめっきり減ってしまったんだそうだ。

まぁ・・・「趣味」と言うカテゴリで考えたら、えらく金の掛かる趣味ではあるねんけど・・・でも金の掛かる分実用的でもあるし、職に就いてからだとなかなか免許も取る時間なんかつくりにくいのに・・・。

嫁曰く「最近の男どもは楽で良いねぇ。。車の運転できなくても彼女は出来るし、デートも彼女が免許持ってたら彼女に乗せてもらえて、彼女に電話するにも携帯に直接電話するから、彼女の親に取り次いでもらう努力もしなくて良いんだし・・・。」
その通りだと思う。
posted by masaki21 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

音楽殺す気か?

「iPodなどを私的録音補償金制度の対象に」JASRACなどの7団体が声明

また、こんなけったくそ悪い記事を見つけてしまった。もう、ハイエナか何かの様に少しでも金のとれそうなモノを見つけると、わらわらと寄って来る・・・。

前にも書いたが、音楽CDが売れなくなった原因を外に求める前にもっと真面目に作品のクオリティに就いて考えるべきなんじゃないだろうか? 高いクオリティの作品ならば自腹を切ってCDを買いたいと思う人達は必ず居る筈で、そう言う風潮を広げて行く事によりより良いアーティスト達を育てて行く事に繋がり、やがては権利者達の本当の利益に繋がる事なんじゃないだろうか?

折角、Appleを始めとする企業の努力によって、大容量のデジタルオーディオプレーヤが手軽に手に入る時代がやって来て、多くの若者がまた音楽を身近に感じる様になってきつつあるのに、また水を差すつもりなんだろうか・・・。タダでさえCDの値段が輸入版等に比べて高いのに、オーディオプレーヤにも訳の判らない課金がなされたら余程の良い音楽でない限り聴かなくなってしまう。

音楽ってのは作者が何かを表現しようとするものなのであるから、お金を集める事が一番大事なんではなくて先ずは出来るだけ多くの人に聴いてもらう事が一番大事なんだと思う。作者の利益ってのはその上で初めて生まれて来るものである筈。JASRACのやろうとしている事は聴く人の数を(間接的に)減らす事に他ならないと思う。

更には、
"若い人が音楽を聴かなくなる→若手のミュージシャンが育たない→クオリティの高い音楽が無くなる"
んじゃ無いかと思う・・・・。
posted by masaki21 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

尻フェチ・・・その後・・・

以前書いた尻フェチカミングアウト記事に思いのほか「実は私も・・・」と言う声が多く驚いている次第なのだが、ちょっと無理矢理理屈を付けて語ってみようw。

個人的には車の後ろ姿ってのはとても大事だと思う。なぜなら車ってのは正面や横、増してや上からより圧倒的に後ろから見られる事が多いからだ。街で「お?この車・・」って思っても走り出したら、後ろ姿しか見れない。こちらが車を運転しているときなんか、正面が見れるのはすれ違う車かルームミラー越しにすぐ後ろについている車くらい。普通これらは直前を走っている車のお尻に比べて圧倒的に見れる時間が短いw。そんな訳で車のお尻のデザインはすっごく大事と言う結論w。

そういえば、今回競合したBMWのMINI Cooper S。センター2本出しのマフラーやルーフスポイラー等、尻フェチ心をくすぐる小物は有ったものの、ベースのデザインにイマイチインパクトが足りなかったかな。。。

DSCF0003.jpg pluriel00.jpg
(はい。写真は使い回しですw)

ってなわけで、全国の車尻フェチの皆さんご自分のブログで尻フェチぶりをご披露の上、トラックバックなんか頂けると嬉しいかも。続きを読む
posted by masaki21 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(2) | シトロエンC3 Pluriel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。